植田工匠ブログ

植田工匠の新着情報です。ホームページの更新情報や家作りに役立つ情報を掲載しております。

2013年03月19日

あなたの家づくりに使われる木材は国産ですか? 植田工匠です。

こんにちは。

植田です。
日本のケータイは『ガラパゴス化』していると言われます。

周囲から遮断された世界で、独自の進化を遂げているからです。

海外では、ケータイは『電話』であって、

メール機能がついていれば充分。

しかし、日本のケータイはたくさんの機能を詰め込んでいます。

日本人の、

「もっと何かできないか」

という姿勢には、終わりが無いようです。
家電製品や車もそう。

使いやすく壊れにくいよう追求する他に、

見た目の美しさまでこだわる日本人の努力と感性。

食物は、安全性と美味しさを追求しています。

それぞれの分野での努力が信頼につながり、

海外からの旅行者が『メイド・イン・ジャパン』を買い求めています。
そんな成長分野がある一方、国内ではある問題が起きています。
あなたは、日本の林業が衰退しているのを知ってますか?

山間地の森林組合では、これまで管理していた山林を伐採したあと、

植林経費を捻出できずに放置する『植林放棄』が増えています。

高齢化や後継ぎ問題で手放したいと思っている所有者も多いんです。

そんな放置される国内の林地に、海外投資家が目をつけています。

特に中国は買収の好機としています。

もう、具体的な商談も始まってるんですよ。

日本のあちこちで。
森林総合研究所の理事の方によると、

海外資本に侵食されていくステップには3つの段階があります。
まず第1段階。

『丸太の買収』。

日本の丸太を自国に輸入し、自国で加工。

その製品を自国で消費する他に、日本に良質品を逆輸出。

もし、大量の丸太が海外に輸出されれば、

日本の製材業は空洞化していきます。
第2段階として、『伐採前の立木の買収』。

もし人件費が安い国の労働者が、日本の山林に派遣されたら?

(・・・すでにそんな商談もあります)

国籍を問わず、国からの補助金は出るんです。

これにより製材業者だけでなく、

素材生産者までも大幅に衰退していきます。
第3段階の『土地買収』は、もっと深刻です。

日本では外国人にも所有権が認められていますね。

もし、林地買収されたら、

そこは、日本にあるのに国でさえ関知できない部分になります。

地下水などの水資源も含めて・・・。
ある程度育った木を伐採して、また植林する。

そういったことを繰り返して、山は守られていきます。

空気を浄化したり、木材になるだけでなく、

水を蓄える事で災害を防いだり、

生物が生きるための、命の水を提供してくれます。

そんな大事な山林がビジネスとして使われるのは

ちょっと怖いですね。
あなたの家づくりに、この情報は必要ないかもしれません。

でも、あなたの家づくりを依頼する業者が

国産材を使うことにこだわりを持っているなら、

「国産材を、山を守るために」

という熱い思いがあるのかも。

その土地で育った木は、その土地の気候風土に合っているので

建材に適している、といいます。
あなたの家づくりに使われる木材は

どこの山林を守ってるんでしょうね。
では、また。

追伸

感想や質問などのメールは大歓迎です。

このメールに返信してくれれば、私に直接届きます。

kosyou.ueda@nifty.com

ただし、ネガティブなメールは萎えるのでいらないです。

少し宣伝をします。

廿日市市で地域一番工務店は植田工匠・・・・

リフォームなら植田工匠・・・・

エコ民家を建てるなら植田工匠・・・・http://www.wood500.com/kou_web/list/034hiroshima/003uedakosyo/index.html

社長ブログ

2013年03月13日

あなたは、収入と支出、把握できていますか?木組みの家植田工匠です。

こんにちは。

植田です。
総務省に統計局ってありますね。

もし、あなたがHPを見た事がないのなら、

時間があるときに、是非一度検索してみてください。

何の興味も持てないものから、とても興味深いものまで

いろいろな調査・統計をしています。

例えば、他人のお財布事情。

「いくら貰ってるの?何にいくら使ってるの?貯金ってどれくらい?」

なんて、普通は失礼すぎて聞けません。

でも、とっても興味ありますよね。
『二人以上の世帯 1世帯当たり1ヶ月間の収入と支出』

という統計があります。

あなたも、ここに属しますか?

例えば平成22年4月分の場合、

世帯全体の実収入は474,616円。

世帯主、配偶者、事業・内職の収入まで記載されています。

実支出は422,257円。

食費・住居費・水道光熱費など、細かく細かく記載されています。

ちなみにエンゲル係数は20.0%。

「エンゲル係数(%)=食費÷消費支出×100」

エンゲル係数が高くなるほど食費以外にお金が回せない状態、

大ピンチ、ということです。

これはあくまで統計で、同居家族の人数に違いがありますから、

過敏に反応しなくてもいいですよ。

「ウチはこんなに貰ってないよ・・・」

「こんなに使えたら生活は楽だろうね!」

なんて怒らないで下さい。

地域や勤務年数によっても収入は全然違うんですから。

ただ、家計を見直す参考にはなりますね。

(ついついハマってしまいそうなので、お時間のある時にどうぞ)
年収が低い層より高い層の方が、インターネットの利用率が高い、

というデータがあります。

パソコンでもケータイでもネットを活用できるのは、とっても便利。

でも、収入の低い層は、

そこは削れる部分と判断してやりくりしている方が多いんですね。

正社員が減り、契約社員の増加の影響などもあり

世帯収入の減少傾向は続いています。

今後は年収300万円の世帯が増えてくると言われています。

これで子どもをたくさん育てて、家を建てて・・・なんて厳しいですよね。
子どもの学費、老後の資金、といった大きい支出の他にも

車検、税金、保険といった、少額とはいえない定期的な出費もあります。

収入の中からコツコツ蓄えて、残った額をどう使えばいいのか、

家族、特に夫婦で話し合うことは大切です。

奥さんがお金を全て管理していて、ご主人は何も知らない、

という家庭は多いですよね。
収入と支出をしっかり把握することが、

家づくり、資金づくりの基本です。

でないと、見直すこともできないし、

いつまでたっても頭金は貯まりません。

よく、「家は欲しいけど頭金が貯められないんです」

という声を耳にします。

でも、貯めている人は貯める努力をしています。

他人のためではなくて、自分たち家族のためになることです。

あなたも、ちょっと心掛けてみませんか?
では、また。

追伸

感想や質問などのメールは大歓迎です。

このメールに返信してくれれば、私に直接届きます。

kosyou.ueda@nifty.com

ただし、ネガティブなメールは萎えるのでいらないです。

少し宣伝をします。

廿日市市で地域一番工務店は植田工匠・・・・

リフォームなら植田工匠・・・・

エコ民家を建てるなら植田工匠・・・・http://www.wood500.com/kou_web/list/034hiroshima/003uedakosyo/index.html

社長ブログ

2013年03月05日

家族で楽しく資金計画を!WOOD500の植田工匠です。

こんにちは。

植田です。
アパート・借家・社宅などなど・・・。

狭くて持ち家ではない住まいで暮らす子ども達は、

親が思っている以上に『家』に憧れています。

広い家の中に自分だけの部屋があって、

好みのインテリアに囲まれて、

自分でキレイにしたお部屋に友達を招いて、

「わーっ、かわいい部屋ね」

なんて言われたら、

ちょっと照れるけど嬉しくて・・・。

夢は膨らみます。
お友達の家に遊びに行って、その子の部屋で遊ぶのは楽しいけど、

自分は狭い家に住んで、自分の部屋もなくて、

友達を呼ぶのも気が引ける・・・

心のどこかに劣等感を感じています。

子ども達は時として、残酷な素直さを発揮しますから、

「○○ちゃんのおうちは古くて狭いから、行きたくない。

私の家でだったら遊んでもいいよ」

と普通に言って、無意識のうちに○○ちゃんを傷つけています。

あなたの子どもさんは、そんな経験をして泣いた事はありませんか?

男の子よりも女の子の方が、そんなことを言いがちです。
だから、

「どうしてウチは家を建てないの?

お友達は、み~んな自分の部屋があるんだよ。

私だけなくて恥ずかしい。私も自分の部屋が欲しいよ~」

と、あなたを困らせてしまいます。

あなただってそんな夢を叶えてあげたい。

でも、

「もし無理をして建てて、ローンが払えなくなったら?

これから教育費もかかるし、頭金だってなかなか貯められないのに・・・」

と、欲しい気持ちに蓋をして、子ども達をなだめて家計簿を見ては溜め息。

・・・つらいですよね。
そんなに欲しいのなら、いっそのこと子ども達を引きずり込みましょうよ。

「○○ちゃん、お父さんもお母さんも

新しいお家が欲しくてたまらないんだけど、

家族が生活するのには、とってもお金がかかるの。

それぞれが1ヶ月にどれくらい使っているのか、

お母さんが『個人別家計簿』をつけるから、

○○ちゃんもお小遣い帳をつけてみて。

1円まできちんと合わせるのよ」

と、管理させます。

1円までって、結構大変です。

『使途不明金』が出ないようにあなたも頑張って!
食費以外は、できるだけ個人別に分けます。

お菓子・ノート・服・ビール・コスメ・・・慣れるまで大変。

そして1ヶ月経ったら、家族みんなで見てみます。

子どもは学年によって出費も異なりますから

「お兄ちゃんが一番多いじゃない。ズルイ」

なんてのはナシ。責めてはいけません。

責めた本人も、成長したらそれだけお金がかかるのですから。

「私にこんなにお金がかかってるんだ」

ということに子ども達が気付く事。

そして、『欲しくて』買ったはずのものが、

『必要』なものではなかったことに気付く事。
家を建てるためのお金を貯めたいと思ったら、

1円を大事にして必要なことにだけお金を使う、

ということを子ども達に気付かせます。

「頑張っている習い事ならお金を出せるし、応援するけど、

やる気もなくだらだらとしているなら、それは無駄遣いだよ」

と、限りある収入を、みんなが大事に使う事を教えます。

無駄遣いするのなら資金は貯められません。

家なんか建てられません。
自分なりに気付いたら、3回買っていたお菓子を2回にしたり、

水や電気の無駄遣いにちょっと敏感になったり、

その年齢なりに考えます。

「ケータイ買ってよ」

と言っていた子も、本当に家が欲しければ

「バイトできるようになったら、自分で買おう」

と、納得して我慢できることでしょう。

小さい子でも、何となく分かります。

今まではあなた一人で悩んでいた資金計画。

みんながそんな意識を持ってくれたら、悩みを分け合えます。

お金の教育はとっても大事です。

親だから教えられる事もたくさんあります。

「親が働かないとお金はもらえない」

「使ったら減る」

「1円足りないだけでモノが買えない」

と、親が当たり前だと思っていることでも子どもに再確認させて

一緒に頑張ってください。

一人で抱え込んでいるのは本当に大変ですよ。
では、また。

追伸

感想や質問などのメールは大歓迎です。

このメールに返信してくれれば、私に直接届きます。

kosyou.ueda@nifty.com

ただし、ネガティブなメールは萎えるのでいらないです。

少し宣伝をします。

廿日市市で地域一番工務店は植田工匠・・・・

リフォームなら植田工匠・・・・

エコ民家を建てるなら植田工匠・・・・http://www.wood500.com/kou_web/list/034hiroshima/003uedakosyo/index.html

社長ブログ

2013年02月12日

あなたにとって必要なもの、いらないものを見極めて。

こんにちは。

植田です。
アパートなどの狭いお風呂が嫌で、

「新築したら、絶対に広い浴槽にして足を伸ばして入るんだ」

と思った事がある方は多いでしょう。

特に、小さい子どもをお風呂に入れているお母さん達は

「広い浴室があれば・・・」

と、何度も思ったことでしょう。

一日の疲れを取ってくれる貴重な場所ですからね。

足を曲げて入る窮屈なお風呂より、

のびのびとリラックスできる方がいいでしょう。
浴室の不満として多いのは

「床が冷たい・汚い」、「洗い場が狭い」、「すぐカビが生える」

など。

毎日使う場所ですし、リラックスしたい空間だからこそ、

不満は大きく強く、主婦にとっては本当に悩みの多い場所でした。

冬になると、極端な温度変化のためヒートショックで亡くなる方も多く、

脱衣所や浴室をファンヒーターやストーブなどで暖めたり、

それぞれの家庭で、さまざまな対策が考えられてきました。

冬の寒い日に爪先立ちで床を歩いても

頭の先まで「キーン」と来るあの冷たさは、

言葉で表現できませんよね。
子どもの頃、冬の一番風呂に入るのは好きでしたか?
1970年代にユニットバスが登場してから、

浴室はどんどん進化しました。

そして今、浴室は驚くほど進化しています。

乾燥しやすい床は、もはや標準装備。

冷たくない、転んでもケガをしにくい、

足の裏の熱が逃げるのを防ぐ、という床もあります。

小さい子は簡単に転んでしまうので、ありがたいですね。

手すりも付いていますから、高齢者の方も安心です。

他にも、浴室自体の断熱性を上げたり、

湯温が下がりにくい浴槽も登場し、

寒いお風呂は過去のものとなりました。

さらに、浴室換気暖房乾燥機の登場で、

入浴前に室内を充分に暖めることができるため、

ヒートショックの危険性も少なくなりました。

年間1万4千件も発生していたヒートショックのほとんどが

脱衣所や浴室で起きていたことなので、

今後、浴室換気暖房乾燥機の普及によりどんどん減少することでしょう。
掃除もしやすくなり、タイルの目地の汚れやカビから解放されました。

雨の日には浴室で洗濯物が乾かせたり、主婦には良いことづくめです。
お風呂に限らず、快適で便利なものは、あれもこれも欲しくなりますね。

でも、だからこそしっかりチェックして自分達に合ったものを選ぶ冷静さも必要です。
ある人の話ですが、

アパートの狭いお風呂に幼児二人と入るのが窮屈でうんざりしていました。

新築するときには、一番大きい規格の浴室にしました。

引っ越した二日後、子どもの一人が転んで口にケガをしました。

お母さんが一人を洗っている間に、

もう一人がはしゃいで動き回っていたのです。

子どもなりに、とっても嬉しかったんでしょうね。

いくら滑りにくいといっても、動きによっては当然危険です。
浴槽が大きくなったので、その分光熱費や水道代も増えます。

「いつまでも一緒に入るわけじゃないし、標準でも十分だったかも・・・」

と後悔しています。

打ち合わせの時はそれしか見えなかったそうです。

ご主人はヒノキのお風呂に憧れがあったそうですが、

「掃除もラクだし洗濯物も乾かせるし、ここだけは絶対に譲れない」

と奥様に押し切られたそうで、いまだにブツブツ言っています。

男性には一日の疲れを取る空間。

もちろん女性にとっても疲れを取る空間ですが、

掃除・洗濯・育児などの仕事が関係してきます。

ですから便利さを追求するのもやむを得ません。

どちらを取るかは、ご夫妻の話し合い次第です。

子どもはいずれ家を離れますから、

子どもより親の意見を優先させるべきでしょうね。
多くの業者が多くの機能を付けた浴室を提供しています。

どれも本当に魅力的です。

でも、だからこそ、

本当に必要なものは何か?

無くてもいいものは何か?

これから何十年も使う事を考えて、しっかりチェックしましょうね。
では、また。

追伸

感想や質問などのメールは大歓迎です。

このメールに返信してくれれば、私に直接届きます。

kosyou.ueda@nifty.com

ただし、ネガティブなメールは萎えるのでいらないです。

少し宣伝をします。

廿日市市で地域一番工務店は植田工匠・・・・

リフォームなら植田工匠・・・・

エコ民家を建てるなら植田工匠・・・・http://www.wood500.com/kou_web/list/034hiroshima/003uedakosyo/index.html

社長ブログ

2013年02月05日

“吹き抜け”って素敵ですよね。木組みの家 植田工匠です。

こんにちは。

植田です。
一戸建てを新築するとき、

吹き抜けを採用する割合は約3割です。

あの開放感は気持ちいいですよね。

採用した中の8割の方は満足しています。

・2階の子どもの気配が分かる。

・1階のリビングの日当たりがよく、明るくて気持ちいい。

など。
では、満足していない2割の方は・・・

・見た目は良いが、冷暖房の効率が悪い。

・高いところにある窓の掃除ができない。

・確かに気持ちいいのだが、来客時、2階の声が気になる。

・照明の電球交換が自分でできない。

・1階の匂いが2階に広がる。

などなど。
『冷暖房費の嘆き』はよく耳にしますが、

断熱構造や、床暖房+天井扇など、いろんな方法で対策はできます。

でも、あなたがそれを知らずに、対策の確認を怠ると

暑さと寒さに悩み続ける吹き抜けになるかもしれません。

ガラス一つ違うだけでも室温が違ってきますから

業者さんと、とことん話し合ってくださいね。
地震の時は、吹き抜けが無い家に比べると不利です。

床がない分だけ、どうしても建物が軟らかくなり、

変形しやすくなるので、きちんと構造計算をしてくれる

業者さんでないと危険で不安です。
また、荷物が多いのに収納スペースを削ってまで吹き抜けをつくり、

後悔した方もいます。

家族が暮らすのに必要な床面積・間取りを確保して、

余るようなら吹き抜けを検討するようにした方がいいですね。
天窓を設置する場合、西や南ならば夏の灼熱地獄を覚悟しておきましょう。

ヘタをすれば、ガラスが割れる危険もあります。

快適さを追求する業者さんなら、そこは避けるそうです。

北側が無難です。

もし西か南を勧める業者さんなら、知識が無いか、

お客様の快適な生活より儲けのことを考えているところかもしれません。

でも、どうしてもそこを勧めるようなら、理由を聞いておくべきでしょう。

あとはあなたの判断次第です。

照明は昇降機能付きのものがありますが、

高い位置にある窓の掃除だけは、専門業者さんに

お願いするようになりそうですね。

高齢になってからは特に危険ですから。
業者さんにお願いして、

その業者さんが実際に吹き抜けのある家を建てたOBさんの家を

見せてもらうこともできるでしょう。

実生活での感覚をつかんだり、OBさんの感想を聞くのは大事ですね。

特にデメリットは。

生活スタイルによっても、採用する広さ・方角によっても違ってくるので

しっかり考えましょう。

「あなたに快適に暮らしてもらいたい」

と思っている業者さんなら、

親身になってあなたの相談に乗ってくれます。

遠慮しなくていいんですよ。
では、また。

追伸

感想や質問などのメールは大歓迎です。

このメールに返信してくれれば、私に直接届きます。

kosyou.ueda@nifty.com

ただし、ネガティブなメールは萎えるのでいらないです。

少し宣伝をします。

廿日市市で地域一番工務店は植田工匠・・・・

リフォームなら植田工匠・・・・

エコ民家を建てるなら植田工匠・・・・http://www.wood500.com/kou_web/list/034hiroshima/003uedakosyo/index.html

社長ブログ

このページのトップへ↑